異性の友達、若いうちは難しい・・・

異性間の友好的な関係はありのかどうか、というような相違が異なる性別の人との問題で限りない話題です。

 

’お友達’ということのくくり自体がはっきりしないもので、分割は面倒で、どんな関係性が友だちだとわけるのか、その人それぞれ見解に違いがあるものです。

 

社会で一緒の情況のとき男女が共に期間と場などを共有している以上、同性の関係も異性であっても関係を作ることが出来ることで、知り合った関係性において親友関係という風に称することで、全くモヤモヤ感がありません。

 

携帯電話に入っている友達が同性だけだという場合の方が、どちらかといえば異常なイメージを感じます。

 

男性と女性での友達とか友情自体ができるのか、その件に対して答えを追い求めることより実際は、付き合っている人、結婚相手である人はどんな感情であるのかと感じて

 

二人が思いやる心遣いを伝えて、性別が違う人で友情を求めていこうとする思いやりが重要なことなのだと思います。