付き合う相手によってすべてが決まるの!?

私は子どもの頃、学校では先生から“人を差別しちゃいけない”とか“平等に接さなくてはいけない”とか

 

そんな風に習ってきた気がします。

 

元々根がまじめな方で、調子の良い人間にはなりたくない・・・そんな考えがあったから極力他人との付き合い方に差をつけないようにしていたんですよね。

 

それが正しいことなのかな〜と思っていたので。

 

でも社会に出ていろいろ経験してみると、友達や自分が付き合う人間を選ぶってことはとっても大切です。

 

だってみんながみんな同じ人間ではないんですから。

 

いいひともいれば嫌なやつもいる。

 

中には一緒にいることで、今となっては自分の足を引っ張られたな・・・て思うような相手との付き合いもありました。

 

若い頃、友達を選ぶってことをしなかった私は、頼られたりすり寄ってきたりする相手に対して“友達だからしょうがないか・・・”なんて受け入れちゃってたんですよね。

 

でも生きていく上で目的意識を持つことってとっても大切です。

 

それは人間関係を築く上でも言えること。

 

付き合う相手が自分の目的を果たす上で必要な相手かどうかということを考えればおのずと、付き合うべき相手か・そうでないかが見えてくるはず。

 

無駄な付き合いは自分の生活を引き下げる原因となります。

 

付き合ってみて不快に感じるところのある相手とは、この先も付き合う価値があるのかどうか一度立ち止まって考えてみるのがいいでしょう。

 

付き合う相手とお互いにきちんと向き合って想いを伝えているか

 

しょっちゅう聞く遠距離恋愛におけるパターンでは、30代を目前にして、仕事や恋愛も順調で、もうじきプロポーズかなと思っているところでまさかの転勤で一気に距離ができる。

 

住む場所が離れたとしても心はつながっているとは信じているけど、ほんとに変わらないのか不安、そういう気持ちが払拭できません。

 

新しい出会いや、心移りというのは恋人のいる人全員が心配になってしまうものだけれど、相手のことを信じきることと、

 

自分が今の思いについてきっちり相手に知ってもらうことが不安が軽くなる始まりであり、長続きする秘訣と言えます。

 

遠距離にいる場合でも気持ちさえ共有できていれば、近距離の恋愛よりもっと固い絆となる場合もあるでしょう。

 

相手の立場をどのくらい察せるか、相手から唯一無二の存在と思われているのかが長く交際し続けられるコツだと断定しても構いません。